NBAオールスター2020投票方法解説!!【八村】をみんなでオールスターへ押し上げよう!

皆さんこんにちは、Miami3です

現在NBAシーズンの方も30試合ほど消化してシーズンも40%くらい進んでいます!

八村塁選手効果で今年からNBAを見始めたという方も多いのではないでしょうか?シーズンで一番注目される試合である【クリスマスゲーム】も終わりましたしここから年明けでいよいよシーズンが全体的に本格化していくのではないでしょうか?

そんな中シーズン中最大のイベントである「オールスターゲーム」への準備が水面下で徐々に進んでいます!!

昨シーズンのオールスターゲームに関する記事はこちら!

【数億人】のファンが待望!!NBAオールスターウィークエンド2019!

2019年2月18日

というのも、少し前からNBAオールスター投票まりましたー!!

ということで自分が好きな選手にドンドン投票してほしいのですが、その投票やり方を調べるのがめんどくさい、わからないという方の為に今回細かく解説した記事を書いていこうと思います!!

*NBAの用語解説はこちら

お知らせ

当サイトでは皆さんに読んでもらう記事内容の読者の皆さんと一緒にグレードアップをはかりたいと思っています!そのためには皆さんのお力(フォロー)が必要なのです!!

フォローすることで以下の特典があります

  • フォロー時にリプをくれた方は10000%フォロバ
  • 管理人に書いてほしい記事などのリクエスト*全員に応じられるとは限りません
  • 記事内容で分からない部分のアフターサービス要するに質問できます
  • 記事の更新通知をツイッターで受け取れる(不定期)

時間がある限りですが、全力で対応させてもらいます!!!

皆さんいつも読んでいただいた上でフォローしてくださって本当にありがとうございます!!!

どのアカウントで管理人をブーストする??

NBAオールスター2020の開催地はシカゴ

さて今回で69回目(1951~)を迎えるNBAのオールスター。年々フォーマットや投票方法が微調整されながらも進化し続けている年に一回のバスケの祭典です!

その中でも今年のNBAオールスターは日本人にとって特別です!

何といっても投票先である選手に「八村」がいる!!!

これは毎日投票するしかない(笑)

それにしても年々グローバルになるNBAというリーグには1ファンとしても驚かされます。ま、同時にグローバルな問題もはっせ(ゲフンゲフン)まぁいいでしょう(笑)

そして今回の開催地はというと全米第3の大都市「シカゴ」です!

比較的年配の方にとってはあの神様ジョーダンが全盛期を過ごした都市として記憶に残っている場所ではないでしょうか?

オールスターの歴史でシカゴは過去3回開催地として選出されていて、前回の選出は1988年でした

シカゴはバスケットボールの歴史で非常重要地位を占めていて数々の歴史の残る名場面が生み出された土地でもあります

ジョーダンが6回優勝したすべての優勝トロフィーはこのシカゴの地に残されていますし、オールスター屈指の名場面が生まれたのもこの土地でした!

バードはラストショットを放ちそれがネットをくぐる前に高々と指を天に突き立てて勝利を確信したポーズを取りました。そして次の瞬間それが決まった時の会場のエクスタシーたるや・・・・・

それ以上にシカゴのファンを沸かせたの地元チームの絶対エースであるマイケル・ジョーダンのスラムダンクコンテストでした

この試合ライバルだったドミニク・ウィルキンスとの名勝負を繰り広げて最終的に出した大技「レーンアップ」が観客の脳を揺さぶり見事ジョーダンが優勝しました!!

ちなみにレーンアップというのは和製英語で英語だと普通にDunk From Free Throw lineで終わりです

さらにジョーダンは次の日の本戦でもしっかりMVPを獲得し非常に盛り上がったオールスターとなりました!

なお偶然なのか、合わせたのかはわかりません今回ユナイテッドセンター(ブルズの本拠地)は周辺を含めてリノベーションを施しており、レストランや売店などの施設を拡張&改装して多くのファンの為にいろいろと頑張ったみたいなので成功間違いないでしょうね!!

参考記事

さてここからいよいよ投票など細かいところまで含めた解説をしていきたいと思います!

オールスター投票方法解説!

解説に当たってはこちらの記事を参考にしました!(NBA公式サイト

以前より格段に投票の方法が簡単になったと管理人的には評価していますが、細かいルール説明などがありますのでそこをわかりやすく解説していけたらな、と考えています!

投票の日時と2倍ルール!

投票自体は2019年12月25日(日本では26日)から2020年1月21日まで実施しています!

投票は毎日投票が可能なので大好きな選手を思う存分すこりましょう(笑)!!!

また以下の日時に特に注意して投票していくと自分の好きな選手がオールスターに投票される可能性が非常に高くになります!

  • 2020年1月2日
  • 2020年1月3日
  • 2020年1月10日
  • 2020年1月16日
  • 2020年1月20日

この日のうちに投票すれば通常1投票のところ2倍の投票として加算されます!

*上の時間はすべてアメリカ時間ですので日にちと時間にお気を付けください

さてここからは具体的な投票法へと移りたいと思います

公式サイト経由の投票方法

公式サイト(リンク)の方では3種類の投票方法が記載されていますが、その中で最も一般的であろう公式サイト経由での投票方法を紹介します!

NBA.com

まずは普通にこちらのリンクから飛んでください!

そうするとリンクの先にバスケのコートが出ていて5つの空白のポジションがコート上に表示されます

5つのポジションが2-3で分かれていますが2の方がバックコート=ガードタイプの選手への投票で、3つの方がフロントコート=フォワード&ビッグマンへの投票となります

それぞれのポジションをタップすると自由に選手を選べるのでお好みの選手を1人ずつ選択してください

一応こちら管理人が選択した東西の10人になります!

選手を決めたらページ下部の「確認して送信」をタップします!ただここからもう1段階ありますので辛抱ください

次に自分のファーストネームとメールアドレスを送信する欄を埋め、利用規約やロボット排除のマークを埋めます

最後に投票内容送信を送れば投票完了です!

そしてこれがわたしが選出した10人のオールスターとなります!

ちなみに名前やアドレスを記入するのが面倒だと感じた方もいると思いますが、1日1回、毎日投票が可能なので不正防止のための処置だと思い諦めましょう(笑)

ちなみに富山県の全人口が100万人程度なので単純計算で毎日全員が20日間投票し続けたら2000万票の得票ゲットです(笑)

これで八村をNBA史上初の日本人オールスターへと押し上げよう!!!

オールスターに関するトリビア!

ここまでの説明でオールスター投票の方法についてはわかってもらえたかと思います!

そこでここからはオールスターに関する面白い記録を複数紹介していきます!

NBAオールスター最多選出選手!

さてNBAオールスター最多選出回数を記録している人物は一体誰なのか??皆さん気になりますよね!?

コービー、ジョーダン、いやまさかまさかのカール・マローン(笑)??

もちろんマローンではないのですが(当たり前だ)コービーやジョーダン級のレジェンドではあります

最多選出の選手はというと「カリーム・アブドゥール・ジャバ―」です

カリームは70年代から80年代にかけて活躍したCであり彼の代名詞ともいえる「スカイフック」は防御不能のチート技として認識されています

NBAの歴史においてこのスカイフックを使いこなしたプレイヤーはカリームただ1人であり、この技のおかげでカリームは通算得点単独トップまで昇りきりました!

累計選出回数19回であり2位のコービーが18回、3位のダンカンが15回となっています

ソース

NBAオールスター最多投票数

やはりオールスターといえば人気商売、誰がどれだけファンからの支持を集めているのかが一目で分かります

当然圧倒的なカリスマを備えたジョーダンが上に食い込んでくるのかと思いきや・・・・・うーん面白い結果になりました(笑)

まず歴代最多の得票数を手に入れたプレイヤーは「レブロン・キング・ジェームズ」!!

レブロンは2019年のNBAオールスター投票で史上最多の462万票の票数を手に入れてオールスター選出を果たしました!!

いやぁーまぁレブロンファンとしては、この結果に対して順当というか、正直当然だろって考えたいところですけどね(笑)

その一方でコービーやジョーダンがまさかのトップ3入りを逃すという現象も発生しました(汗)

で、第2位は誰かという意外なのかな(?)スーパーマンこと「ドワイト・ハワード」です

ハワードがエースとしてファイナルまで進出した2009年に彼の人気が世界最強レベルに高まっていてそれまでの歴代最多得票を記録しました

その数315万票!!しれっと書いていますが横浜の人口と同じくらいですからね・・・・ひえ

そして第3位がレブロンなのですが、1位でも登場しているので別の人物を選出したいと思います

2005年にさかのぼり当時の人気選手だったのが「姚明」です。姚明は中国人として初めてドラフト1位で選出されてロケッツで活躍した名選手でした

人口が多い中国の選手&全盛期には25得点10リバウンドを記録する確かな実力から堂々の255万票を獲得しました(2018年のレブロンが263万票)

ジョーダンやコービーが全くかすりもしないという少し意外な結果となりましたが、管理人は「近年のネット投票の影響」だと考えています

ジョーダンの全盛期(90年代前半)やコービーの最盛期(00年代中盤)はネット投票という制度が無かったうえに、オンデマンドで世界中の人間が試合をリアルタイムで楽しめるという環境が整っていませんでした

その点母数が大きい支持団体を抱えていた姚明は有利ですよね

というわけで本当の人気をオールタイムで比べるなら、【選手の得票数÷その年の全得票数】の%で決めるのが一番かもしれませんね!

ソース

最多得点記録!

オールスターゲームと言えば【ディフェンスは緩くオフェンスは激しく】がキーワードになるわけで、それに伴い通常の試合ではありえないような得点記録が作られます。ここではそういった数値の数々を紹介していこうと思います!

通算得点第1位

通算得点第1位はレブロン・ジェームズで362得点

1試合最多得点

アンソニー・デイビスが2017年に52得点を記録しています

最多得点チーム

2016年ウェストオールスターが196得点を記録しました!

ソース

最年少&最年長選出オールスターは??

これは面白い、というかドラマティックな事実が出てきます

オールスターとして最年長だったのがワシントン・ウィザーズに所属していた神様だった男「マイケル・ジョーダン」で、39歳で2003年のオールスターに出場しています

そして一方1998年のオールスターゲームでコービー・ブライアント19歳で最年少選出されています

まさに時代の移り変わりを象徴するような記録だなと思わせられます・・・・次はレブロンが40歳で選出されるのかな(笑)

まとめ

さていかがだったでしょうか??この記事を見るとレイカーズがいかにすごいチームかが分かりますよね!?(え、?)

いや冗談とはなくて、ちょっと記録の方を見て欲しいのですが、通算得点と1試合得点のトップは誰だって話ですよ。そして何なら人気投票の1位と2位は誰だって話(笑)

まあこれ以上言うとうざすぎるレイカーズのファンになってチーム嫌われるので止めておきます

とにかく管理人として主張しておきたいことは、八村をNBAオールスターに選出してあげるためにみんなでがんばりましょう!って話です

というわけでやったりましょ!!

それではみなさん、また~