【コービーブライアントの死】愛と感謝を語る

皆さんこんにちは、Miami3です

タイトル通りです。コービーが1月26日(恐らく現地時間)に亡くなりました。早すぎる死でした

いろいろと情報は錯そうしていますが、確実に言えることは娘とコービー2人とも亡くなったことです

この記事ではただ彼への愛と感謝を語ります、コービーへの別れと心の底から敬意と感謝をこめて。

出会いは2Kというゲームから。そこから10年近く彼のプレイ、野心的なモチベーション、勝利への意志、挑戦者としてのマインドセット。すべてを勉強させてもらいました

ここから先は自分語りです。自分が今回の件にと共に思い出した記憶と彼の試合を振り返りながらコービーの死を悼みたいと思います

81点試合を3回堪能した

コービーと言えば81点試合。その試合の存在を知ったのが彼がウォリアーズ戦でアキレス腱を断裂してから。そこからコービーがいかに素晴らしいかを再確認しました

まずは3分のハイライトで確認しました

次に8分のフルハイライトで

そして夢中になって通しのフルゲームを見ました

試合終盤で実況者が「81POINTS」と絶叫したことを未だに覚えています。そしてこの試合のインパクトは何年経とうとも深まりこそすれ決して薄れることが無いのです

そして管理人の実生活にも深くかかわったのがコービー・・・

勝負とコービー

大学受験センターの時の話。自分が受けた会場で周りは参考書やら教科書やらをずっと見ていました。でも管理人は違った

ずっとiPodに記録していたコービーのクラッチシュートTOP10を見ていた。そしてこの勝負強さを100分の1でも発揮できたらいけると信じた

結果は過去最高だった。平均で9割近かった。そして大学も受かった

引退試合はバイトをサボってみた。最高だった。最後の最後のブラックマンバ。それを愛した

この記事はぜひPCか横倒し見て欲しい。伝えたいことがわかるはず・・・・・・8と24

愛と感謝を込めて RIP-KOBE-